受け入れるって難しい。。。

皆さん、こんにちは。

saakoです😊

 

 

今日も気温が高かったですね。

もう春は過ぎ去ってしまったのでしょうか🤷‍♀️🤷‍♀️🤷‍♀️

 

 

 

本日、自分の改善したい

というか、うまくなりたい点を1つ見つけました!

 

 

「相手のことを一旦受け入れてから話す」ことです。

 

 

 

先日の研修でのこと。

ちょっとしたことですが

ビビっときたので書き留めておきます。

 

 

 

ーーー補足説明①:研修状況ーーー

 

saakoさんは出社していますが、

テレビ通話を使って研修を行う機会があります。

 

相手側の部屋は三密を防ぐため、

常に窓を開けています。

 

その結果、マイクが外音を(とてもキレイに)拾います。笑

 

特にサイレンが鮮明に聞こえます。(音が比較的大きいため)

 

ーーー補足説明②:saakoさん個人の状況ーーー

 

病院か消防署が家の近くにあるのか、

サイレンが聞こえるのは日常茶飯事です。

 

もはや日常の一部。

 

上京したてのころは驚きましたが、

このご時世、感謝しかありません。

 

それと、saakoさんはまだ

同期との距離感が掴めていません🤦‍♀️🤦‍♀️🤦‍♀️

 

もっと仲良くなりたい、と思っています。笑

 

ーーー補足以上ーーー

 

 

 

先日、テレビ通話を使っての研修がありました。

 

 

 

~研修休憩時のひとコマ。~

 

同期「昨日めちゃくちゃサイレン鳴ってたから、

   家に帰ってからもずっと頭の中で鳴ってたんだよ~🤦‍♀️」

 

saako「でも~、私の家の近くはよく鳴ってるんだよね~」

 

同期「そうなんだ!じゃあ、結構夜とかも鳴ってたりするの?・・・」

 

~ひとコマ終了~

 

 

 

こんな会話をしたのですが、

私が返事したあとの相手の瞬間の表情を見逃しませんでした。

 

 

…若干引きつっていました。

 

 

即座に「これはヤバイ系だな…」と思いました。

 

 

相手は私の状況を知りたいわけではなかったな…

 

 

何か一言「そうだよね~」「それは大変だったね~」と

言えたら良かった…

 

 

なんで話し始めに「でも」なんて

言ってしまったんだ…

 

 

 

ひとしきり落ち込みましたが、

以前勉強したことを思い出しました。

 

 

自宅研修中のビジネスマナー資料の中に

 

相手に何か意見したい時は、一旦相手の話していることを受け入れてから

「こういう考えはいかがでしょうか?」など発言してみる。

 

という内容があったことを。

 

 

この内容はビジネスシーンでのケーススタディでしたが、

“相手のことを一旦受け入れる”ことって

普段のコミュニケーションの場でも大切だな~と感じました。

 

 

というか

普段の生活で実践していてこそ、

ビジネスの場でも自然と流れるように

言葉が出てくるのだろうな~と思いました。

 

 

 

もともと、

相手がただ共感してほしいだけの話をしていても

その意図を汲めずに、

もしくは分かったとしても、

「こうしたらどう?」と提案したり

自分の話を始めたりして

微妙な空気感にしてしまう傾向にあるsaakoさん。。。

 

(言い方の問題もあると思う。。。)

(自分の磨くべきところ、たくさんあるな。。。)

 

 

 

改善というか、

相手のことも考えて、コミュニケーションを取っていきたいなと思いました。

 

 

相手のことを考えるって

関心をもつことであり、

自分はしてこなかった経験を擬似的に体験できることでもあり、

自分にはない考えを知る機会でもあり。

 

 

ただ相手に合わせたりするだけでなく、

色んなことを学べる機会でもあるのではないかと。

 

そう、勝手にポジティブに考えて、

(同期はナチュラルに実践しているので、笑)

これから意識していきたいです!💪

f:id:daily-life-sailch:20200514213914j:plain